【野球】 投手 セーブとは 何なの? 事例を交えて簡単解説します。


 

こんにちは、星猿(ホシサル)です。

星猿ブログを見ていただき、ありがとうございます。

今回は、野球 投手のセーブについて、事例を交えて簡単解説します。

 

野球 投手 セーブとは 何なの?

 

野球で投手(ピッチャー)のセーブとは、リードしているチームのリリーフ投手(ピッチャー)が、最後まで自チームのリードを、守りきれた時に与えられる記録です。

抑え投手(ピッチャー)ですが、クローザー(抑え投手)や「守護神」ストッパーと呼ばれてもいます。

また、延長戦の時は、10回以降に投げることもあります。

 

セーブ 何でできたの?

 

セーブが考案されたのは、アメリカのシカゴのスポーツ記者、ジェローム ホルツマンが、1960年に提唱したものです。

前年の1959年に、M L Bでピッバーク パイレーツのロイ フェイス投手が、フォークボールを武器に救援投手で当時のM L Bで新記録になる18勝1敗の成績を挙げました。

しかし、そのうちの10勝は、リードを守り切れずに勝ち投手になっているため、救援投手を正当に評価する指標が必要であるとの思いを強く持ち、複数のメディアと、M L B機構に働きかけ、1960年に正式記録になりました。

そして、日本プロ野球(N P B)では、1974年にセントラル リーグ、パシフィックリーグの両リーグで公式記録とされました。

 

セーブがつく条件は  何なの?

 

セーブの記録が付く条件について

勝利チームで最後を投げ切った投手(ピッチャー)であること。

勝利投手の権利を持っていないこと。

1/3イニング以上の投球をしていること。

※同点、逆転を許さず、リードを守り切り試合を終えることです。

(同点を許せばその時点でセーブの権利は消え、その後、逆転して勝利すれば勝ち投手となり、逆転されたまま負ければ敗戦投手になり負けが記録されます)

以下の1つ以上満たせば、セーブは記録されます。

登板時のリードが3点以内で、1イニング以上投げること。

登板時の状況が、打者2人に本塁打を打たれたら同点または、逆転される状況であること。

この場合は、イニング数(アウトカウント)は関係しません。

つまり、登板時に走者(ランナー)無しであればリードは2点以内、1人いれば3点以内、2人なら4点以内、満塁から5点以内が条件です。

その投手が3イニング以上投げている場合は、リ-ドを保ってさえいれば何点差でもセーブは記録されます。

 

セーブ  事例

 

事例

モンキーズ 対 アルパカズ

先攻モンキーズの先発のA投手が、アルパカズを6回まで11-1のスコアで、10点のリードをして降板した。

7回から、2番手としてリリーフで登板のモンチッチ投手が、その後3イニングを、3安打2奪三振、1四球、2失点に抑え、11-3のスコアで勝利した。

結果、モチッチ投手がセーブを記録した。

 

解説

セーブといえば、接戦で登板した投手(ピッチャー)が、僅差のリードを守った時に記録される場合が多いですが、点差はあっても、ロングリリーフでリードを守り、記録されることもあります。

 

事例

アングラーズ 対 マウンテンズ

アングラーズ先発A投手が、7回を投げ切り、3-1でマウンテンズをリードして降板した。だ

その後、8回を中継ぎのメダカ投手(セットアッパー)が1失点に抑えて、フリッパー投手に繋いだ。

フリッパー投手はマウンテンズを0点に抑え、3-2で勝利した。

 

解説

この試合の勝ち投手は、規定の5回以上、7回まで投げて、リードしたまま試合が終了しているので、アングラーズの先発A投手(ピッチャー)になります。

そして、8回を投げたメダカ投手にはホールドが記録されて、抑え投手(クローザー)フリッパー投手にはセーブが記録されます。

 


ZETT(ゼット) 野球グローブ 軟式/ソフトボール兼用 ライテックス オールラウンド用 ブラック(1900) 右投げ用 BSGB3910 グラブ

 

まとめ

 

・勝利チームで、最後のイニングを投げ切った投手(ピッチャー)であること。

・勝利投手の記録を持っていないこと。

・1/3イニング(1アウト)以上の投球回数を記録すること。

・リードを守り切った状態で試合が終わること。

  • クローザー(抑え投手)や「守護神」ストッパー等と呼ばれてもいます。

 

➡ 問題はこちらです 野球 投手セーブは  どんなとき? 確認問題 4問

 

星猿ブログを見ていただきまして、ありがとうございます。