【野球】塁間の距離はどんだけ?


こんにちは、星猿(ホシサル)です。

星猿ブログを見ていただき、ありがとうございます。

今回は、野球の塁間の距離等、少年野球、ソフトボールも含めて解説していきます。

野球 塁間距離はどんだけ?

 

野球において、 プロ野球、社会人野球、大学野球、高校野球、一般軟式野球、リトルシニア野球、ボーイズリーグ(中学部)の塁間の距離はこんだけです。

塁間距離 27.431m

投手(ピッチャー)板から本塁までの距離 18.44m

外野フェンスまでの距離  76.199m以上
※ボーイズリーグ中学の部は規定ありません。

ボーイズリーグ小学の部

塁間距離 22,86m

投手(ピッチャー)板から本塁まで距離  15.367m

外野フェンスまでの距離  規定ありません。

少年軟式(高学年の部)小学5年生以上

塁間距離  23m

投手板から本塁までの距離  16m

外野フェンスまでの距離  両翼70m   センター 85m

少年軟式(低学年の部)小学4年生以下

塁間距離  21m

投手板から本塁までの距離  14m

外野フェンスまでの距離  両翼70m    センター85m

リトルリーグ

塁間距離  18.29m

投手板から本塁までの距離  14.02m

外野フェンスまでの距離  60.95m以下

ソフトボール男子

塁間距離  18.29m
投手板から本塁までの距離  14.02m

外野フェンスまでの距離   76.20m以上

ソフトボール女子

塁間距離  18.29m

投手板から本塁までの距離  13.11m

外野フェンスまでの距離   67.06m以上

ソフトボール(小学生)

塁間距離  16.76m

投手板から本塁までの距離  10.67m

外野フェンスまでの距離   53.34m以上

野球とソフトボールの違いは   なんなの?

 

それでは、野球とソフトボールの異なる部分を紹介します。

野球は、アメリカから伝わって来たスポーツであるものの、日本の国民的スポーツでもありプロ野球、社会人野球、大学野球、高校野球、少年野球、草野球等、幅広く愛され行われています。

そんな野球から派生して誕生したのがソフトボールです。

子供から大人まで気軽に行えるスポーツとして、学校の体育の時間や、地域行事でも盛んにプレーされているようです。

しかし、野球と一見似ているようで、異なる部分が多数あります。

 

塁間距離

野球とソフトボール、塁間の長さそれぞれ異なります。

野球の塁間は27.431mに対し、ソフトボールの塁間は男子、14.02m、女子13.11mと異なります。

バッターボックスの大きさ

野球の、バッターボックスの大きさは、11.9cm×182.8cm、ソフトボールは、91cm×213cmと形も若干異なります。

ソフトボールのダブルベースとは

ソフトボールの1塁ベースには、「ダブルベース」と呼ばれる白色とオレンジ色のベースが設置されています。

その理由は、ソフトボールは塁間が狭いのでバッターランナーと野手が交錯しやすいためです。

オレンジベースは、打者走者しか使えず、1塁を駆け抜ける時に踏みます。

グランドの大きさ

野球の球場は、ソフトボールに比べ大きく、ホームベースから両翼はフェンスまで90m~100m、バックスクリーンまで120m前後です。

野球と比べソフトボールは、ホームベース~外野フェンスまでは男子が68.53m以上、女子が60.96m以上。ボールも飛びにくいだけに球場も狭くなっています。

ちなみに、野球場は左中間や右中間が深いのですが、ソフトボールはホームベースから外野フェンスまでの距離は一定です。

 

ピッチャーの投球フォームの違い

 

野球とソフトボールのピッチャーの投球フォームの違いが大きな一つです。

野球の場合は、オーバースロ、サイドスロー、アンダースローと大きく3つの投球フォームに分けられます。

しかし、ソフトボールは下手投げが義務付けられ、投げる時も肘と手首側を通過しなければなりません。

身体から離れて投げると不正投球を取られることもあります。

さらに腕の回転は1回まで、半径2.44m内のピッチャーズサークル内での投球など様々な制限が定められています。

 

イニング数の違い

 

野球は「延長戦」にならなければ、基本的には9回で決着がつきます。

ソフトボールは、7回が基本で、決着が付かない場合は、「延長戦」でも、8回ノーアウト ランナー2塁から行う「タイブレイク」制度を導入しています。」

 

ボールの大きさの違い

 

野球(硬式球)の周囲が22.9cm~23.5cm、重さ141.7g~148.8gであるのに対し、ソフトボール(3号球)は、30.48cm、重さ190g~195gと大きさ重さともに野球を上回ります。

実際に手に持ってみると、ソフトボールのほうが多少投げにくさを感じます。

 

バットの太さ、長さは?

 

バットの太さ、長さは明確に決められていませんが、野球の方が太さも長さも上のようです。

材質も異なり、野球なら高校野球では金属バット、社会人野球、大学野球、プロ野球では木製バットを使います。

対して、ソフトボールでは、カーボン製のバットを使うことが多いようです。

 

交代のルール

 

野球は、一度交代されてベンチに退くと、その試合に再び出場することはできません。

一方ソフトボールは、一度退いた後も再び同じ打順に復帰できる「エントリー制度」が導入されています。

そのため、ソフトボールでは試合序盤に代打や代走を起用することもめずらしくないのです。

走塁のルール

 

野球では、塁上のランナーがリードを取っている場面を見かけます。

対して、ソフトボールは、ピッチャーの手からボールが離れるまで塁から離れることを禁止されています。


GARMIN(ガーミン)×SSK(エスエスケイ) 野球 バットスイングセンサー SWING COACH スイングコーチ IMP001

まとめ

 

野球とソフトボールは、グランドの大きさ、塁間の距離、ピッチャー~キャッチャーまでの距離、グローブ、バット他、様々の部分で違うのがわかります。

その中で、野球とソフトボールの一番違うなと感じたのは、試合のなかで一度退いた選手が同じ打順に復帰できる「エントリー制度」が導入されている点ではないでしょうか。

➡ランエンドヒットの記事はこちらへ【野球 ランエンドヒット】とヒットエンドランの違いは?

 

➡野球 塁間の距離問題はこちらへどうぞ 塁間距離は どんだけ? の問題10問 確認編

星猿ブログを見ていただき ありがとうございます。